交通事故・むち打ち施術

交通事故・むち打ち施術のイラスト

  • 事故後、体がだるくて朝が起きづらくなった
  • 頭痛・吐き気・めまいなど気分が良くない
  • 肩・背中・腰が痛み、長時間座っていられない
  • 首の痛み、手のしびれが長引いている
  • むちうちによる後遺症が長引かないか心配

事故の怪我を、放っておくとどうなるの? | 千葉市中央区 かもめ鍼灸整骨院

むちうちの漫画

交通事故のむちうちやケガや痛みや不調等は、時間が経ってから出てくることも多いです。
不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、外傷や当日に痛みがなくても医療機関を必ず受診することが大切です。

事故の直後は精神的に興奮状態で痛みを感じないこともあり、後から痛みが出てきたり、レントゲンには写らない軟部組織(靭帯・筋肉・腱)が損傷して炎症を起きていることもあります。
事故のときに関節に急激にかかる衝撃が原因で、バランスが崩れ、関節やその周囲の状態が悪くなってしまいます。
そのため、レントゲンに異常が見られなくても痛みやしびれ、めまい、吐き気などを引き起こします。 特に交通事故では、首周囲の神経の多い所に強い衝撃を受けてしまうことが多く、上記のような痛みが特に出やすくなってしまいます。
「レントゲンで異常なしだったのに、体調が優れない」「病院に通っているけど、薬と湿布だけで痛みがあまり解消されない」と、病院からかもめ鍼灸整骨院に転院されてくる方もいらっしゃいます。
特にむちうちは、放っておくと長年の後遺障害で苦しむことになってしまうケースも多いのです。季節の変わり目や雨の降る前に気分が悪くなるなど神経障害や自律神経の障害によって痛みや辛さが残ってしまうこともあります。

むち打ちの治療

千葉市中央区のかもめ鍼灸整骨院には、厚生労働省認可の国家資格を持った柔道整復師が施術を担当しますので、交通事故の施術を受けることができます。
自賠責保険の適応で、窓口負担は0円です。
交通事故後のメンタルケア・保険会社との交渉も含めてしっかりフォローいたしますので、まずはご相談ください。

かもめ鍼灸整骨院の交通事故施術 | 千葉市中央区 かもめ鍼灸整骨院

手技による治療

むち打ちの治療

千葉市中央区のかもめ鍼灸整骨院では、触診や手技施術を大切にしております。
理由はちょっとした異常などの細かい身体の状態は触診でわかることも多いからです。
画像に写る部分はレントゲンやMRIで見つけることができますが、それらでは発見できない異常も触診をすることでわかるケースも多いのです。

かもめ鍼灸整骨院の交通事故施術では、急性期の方はまずはアイシングや電気のアプローチから行いますが、経過に伴い、手技やストレッチを中心に行い筋肉の緊張を和らげていきます。
全く動かせないという方は、ゆっくりと少しずつ正常に動かせるように関節にアプローチして施術していき、筋肉の柔軟性や関節の可動域の改善訓練など、細かい部分を手技で解消して痛みの原因を和らげていきます。

交通事故施術の通院期間 | 千葉市中央区 かもめ鍼灸整骨院

むちうち治療は最初の三カ月が重要です

交通事故の平均的な施術期間は3ヶ月~4ヶ月と長期になっています。
これはケガの程度や事故の種類によっても異なってきます。 施術を継続して行っていけば、早い方で1か月以内に症状が和らいでいきます。
しかし、症状が軽減しても事故の衝撃が強い影響で、痛みや不調が緩和しきれていないケースが多くあります。 ここで施術を終了してしまうと、施術が中途半端であったため、後々後遺障害が残り、長年にわたって悩まされることもあります。

交通事故施術で大事なことは早期に施術を開始すること、症状に最適な治療法で最後まで施術しきることです。
わからないことがございましたら、なんでもご相談ください。

料金

自賠責保険適応 0円